どんなスタイルがあるの!?結婚式の種類について

日本固有の神前結婚式について

日本固有の結婚式のスタイルとして神前結婚式があります。新郎新婦がお神酒を交互に飲み交わす三三九度の杯が中心となっている厳かな挙式なんです。神社で本来は行われますが、結婚式場やホテルに設けられている神式用祭壇を利用することも現在は多くなっています。欧米でのしきたりである指輪交換は、行われないこともあります。また指輪交換のタイミングについても、式場によって違うんですよ。また、三献の儀の際にお酒が飲めない場合は、口をつけるだけでもいいんですよ。

教会で行う結婚式について

教会で結婚式を行う場合、新郎新婦どちらもキリスト教徒でなくても運営者や牧師によっては挙式ができるケースもあるので問い合わせてみましょう。ホテルや式場に設けられているチャペルならば、キリスト教徒でなくても式をあげることができるんです。教会での結婚式といえばバージンロードが印象的ですよね。入場の際はバージンロードの中央を踏まないことが、大切なんですよ。そして、お互いに結婚を誓い合う契約式は結婚式で中心となる重要なイベントです。

いろいろなスタイルがある結婚式について

式場などは利用せず、自宅で行う結婚式もあるんですよ。伝統を重んじている地方では、現在でも行われることがあります。仲人か新郎の家で行われることが多く、両家の参列者全員が乾杯をする親族固めの杯などを式中には行うんです。この他、神や仏でなく参列者に結婚の誓いを行う人前結婚式もあります。形式などにはこだわらないため、市民会館や公民館でも式ができますよ。婚姻届に司婚者の指示によって新郎新婦で署名を行い、指輪の交換を行います。

高崎の結婚式場は、ゲスト用の駐車スペースがあらかじめ確保されています。ゲストの数が多い時には、近隣のタイムパーキングを臨時で利用できるサービスもあります。