意外に知らない?婚約指輪にまつわる話について

婚約指輪っていつ渡すの?

ドラマのワンシーンなどで、よくプロポーズと一緒に婚約指輪を渡す、ってありますよね。そのイメージが強く、世の男性はプロポーズの時に婚約指輪を渡さないといけないのか、と焦る人もいますが必ずプロポーズ時に渡さないといけない、っていう訳ではないのですよ。あれは、そうした方がより感動をするという演出です。一般的には、結納の時に婚約指輪を渡すのが一般的です。でも、あくまで一般的であってプロポーズ時がよければその時でもいいし、結納や両家の顔合わせまでに用意できていればいいので焦る必要はないですよ。

婚約指輪っていくらぐらいが相場?

一昔前では、婚約指輪は給料の3か月分。という言葉が有名になりましたね。でも、そんな高くなくても大丈夫。今の婚約指輪の相場は大体、20万円から40万円と言われています。なので、お金がない、と思わなくても大丈夫です。ブランドやダイヤの大きさにこだわる人は多少値がはりますが、今はシンプルなデザインの物が人気があります。婚約指輪も普段につけたいと思う女性も多く、そこまで派手ではないデザインが多くなっています。ただ、一生に一度の物。彼女に好きな物をつけて貰いたいので、多少は値がする物と思った方がいいかもしれませんね。

婚約指輪の選ぶのって誰?

誰でもいいです。ただ、婚約指輪は女性が身につける物です。なので、女性がいいな、と思える物を購入するのが1番です。サプライズで彼女を喜ばせてあげたい!と思うなら事前に好みなデザインやブランドをリサーチして、失敗しないことが重要です。でも、女性は自分が身につける物は自分で選びたいんです。トラブルにならないためにも、一緒にお店に行って選びに行くのがいいでしょう。男性だけでは、ジュエリーショップに行くことはないでしょうし、新発見もあるかもしれませんよ。

婚約指輪は結婚を約束した恋人同士の証であり、彼氏から彼女へプレゼントするものです。一般に給料の3~6ヶ月分の値段と言われてます。