気を付けよう!ゲストに結婚式での役割を依頼する時の3つのマナー

受付の経験がなくても説明はしっかりしよう!

結婚式の受付は、ゲストの方達から頂いたご祝儀の受け取りを行う最も重要な役割となります。また会費制の場合、別にご祝儀を頂いたりした場合にしっかりと記録を残しておく必要がありますので、事前にきちんと説明しておかなければいけません。受付をした事がない方にとっては、不安になる事が多いのではないでしょうか。不安な気持ちを抱えたまま当日にならないように、前もって不安に思う事がないか確認しておく心配りも必要です。

スピーチや余興担当の方達には当日の流れを説明

スピーチや余興を担当する方にとっては、自分の出番はいつなのか知っておきたいものです。また使える時間はどのくらいあるのか知っておかなければ、事前に練習をする事が出来ません。そのためには、結婚式の流れをしっかりと伝えておく必要があります。出来るだけ細く書かれた、進行表を渡しておくようにしましょう。スピーチや余興をする人にとっては心の準備も必要になりますので、そこはしっかりと理解しておくべき所と言えるでしょう。

写真やビデオ撮影をお願いする場合も進行表を渡そう

写真やビデオ撮影は、新郎新婦にとって一生の思い出となるためとても重要な役割となります。そのためどの場面を重点的に撮って欲しいのか、新郎新婦以外のゲストや親族の反応が見たい場面があれば、事前にその事を伝えておくようにしましょう。また当日の流れを説明して進行表を渡しておくと、撮影するための準備もしやすくなるでしょう。サプライズを考えている場合は、その事を伝え撮影するタイミングをイメージしててもらう事も必要です。

福岡は九州地方の最大都市としても知られています。駅近やオシャレな結婚式場など、福岡の結婚式場なら理想の式場がすぐに見つかります。