結婚式に呼ばれたら・・・参加する際の注意点

ご祝儀やスピーチってどうしたらいいの?

はじめて結婚式に呼ばれるとドキドキしますよね。「ご祝儀はいくら包めばいいだろ」とか「スピーチを頼まれたけどどうしよう」等、悩むことは多いはずです。では、簡単ですがご祝儀から説明していきたいと思います。まずご祝儀袋ですが、これはどこでも販売していて、コンビニ等でも購入することができます。ここで注意しときたいのが包む金額によって袋のデザインが違うことです。でも安心してください、袋には目安の金額が書いてあるので”自分が包む予定額”用のものを購入しましょう。基本は「3万円」ですが、上司の結婚式や親族の結婚式等で包む金額は変わってきます。一概に「いくら包んだらいいよ!」とは言えないので、それとなく結婚式経験者の数人に尋ねるのが一番かもしれません。スピーチ等はあまり”過去のすごい話”は控えた方が無難です。なぜなら、それを新郎(または新婦)は知らない可能性があるからです。あと、あまり緊張する必要もありません。なぜなら、皆が静かにスピーチを聞いているとは限らないからです。リラックスして話しましょう。

演出や料理を楽しみ、新郎新婦を祝福しましょう

あなたが参加する結婚式は新郎新婦の二人で考えたイベントのようなものです。司会進行などは業者の人が行ってくれるので「次はどうしたらいいのかな?」等の心配はありません。流れに身を任せてよいでしょう。そのかわり出てくる料理や、他のグループの余興を楽しみましょう。もしかしたら次回の参考になる余興などがあるかもしれません。最近では「フラッシュモブ」と呼ばれている余興も流行っていて、これはかなり練習をしないといけませんが、成功すると拍手喝采は間違いありません!動画サイト等で検索するとクオィティの高いものが数多くありますので、気になる人は検索をしてみてください。全てが終わったら全力で拍手をし相手を称えましょう。

新しい出会いがあるかも?

また、結婚式では新郎新婦の友人たちが来るので、新しい出会いの場でもあります。少し難易度は高いですが、一緒に写真を撮ったりして挨拶をしてみるといいかもしれないですね。一人が不安なら自分の友達数人と一緒に行動するといいでしょう。そして、2次会から3次会と進んでいき趣味が合ったりするといい雰囲気のまま付き合かもしれません。そうなると、新郎新婦もきっと嬉しいはずです。結婚式は”おめでたい式”なので、参加者全員でいい式にしていくことも大切になってきます。ぜひ、誘われたら参加してみてください。そして、ご自分の式の参考などにもしてみてはいかがでしょうか。

神戸の結婚式場は、海沿いにあり生活から離れた環境で式をあげることができます。またおしゃれな街並みの中にも式場はあります。