婚約してから結婚式を挙げるまでの流れを紹介

両家に挨拶をして許しをもらう

プロポーズに成功し、結婚式に向けて準備に入るまでにはやるべきことがとても多いですよね。婚約をしてから結婚式までに段取りよく進行していくためには、頭の中でイメージし実行に繋げていくことが大切です。婚約したら、すぐに両家に結婚の承諾を得に行きましょう。その時はあらかじめ、電話で挨拶をしてからスーツで行くのが良いですね。相手の両親が喜びそうな手土産を持っていくと好印象ですよ。また、お礼の電話も忘れないようにしましょう。

結納や両家の顔合わせを行う

結婚の許しをもらったらいよいよ結婚に向けて走り出します。結納を行う場合は、地域によってしきたりや作法に違いもあるため予め確認しておくと良いですね。また、両家の顔合わせを一度行っておくと今後の流れがスムーズになります。今後も一生お付き合いのある家族になるので、個室のあるレストランで豪華な食事を用意するのが良いでしょう。その時は一人一人を紹介することを忘れずに。かしこまりすぎずに話せるレストランを選択しても良いですよね。

結婚式に向けて準備がスタート

結納や顔合わせが終わったらいよいよ結婚式に向けての準備がスタートしますね。人気の式場はかなり先の日程までいっぱいの可能性もあるために早めの準備を。一生に一度のウエディングですから、二人の希望に叶った式場を見つけると良いですね。教会がいいのか神前式がいいのかを二人で話し合い最高のウエディングプランを検討してみてはいかがでしょうか。それと同時にドレス選びやエステ、誰を招待するのかなどやることが目白押しです。楽しく結婚準備をすることができると良いですね。

結婚式で指輪の交換をしますが、その時に交換しているのがエンゲージリングです。結婚すると左手の薬指に指輪をつけるものとされています。