姿は変わっても本質は変わらない、今と昔の結婚式

日本の結婚式の歴史って?

結婚式も、今では当たり前のように行われますが、その歴史と言うのは案外気にしたことがありません。日本における結婚式の由来、歴史は、古事記や日本書紀からも読み解ける程、実は古い慣習といえます。また、平安時代は、男性が女性の元へと通う事で成立する、通い婚と言うのが一般的であり、3日間通った事で婚儀が成立すると見なされ、3日目の夜には宴を開き、新郎新婦のお披露目式、今で言う披露宴のような物を行われていたほどです。

現代の結婚式が日本に現れたのはいつ?

由来や歴史は古くとも、現代の風潮とはやはり違いますが、では、今の結婚式はどの時代から日本に広まりだしたのでしょうか。勃興し始めたのは明治時代。写真家と美容院が手を結び、当時は見合いが一般的だった女性をターゲットに写真や釣書作りに力を入れ始め、やがて、流入してくる西洋文化の波に乗る形で、ウェディングとして一般にも周知され始めます。昭和の大戦後には、ホテルウェディングも登場し、結婚式専門の会場なども現れるようになりました。

多様性にとんだ結婚式の数々

ホテルや専門会場の、豪奢で大勢の人が集まる結婚式の他、最近では親しい人だけを集めた小さな結婚式も多くなっています。予算の都合、と言うのも勿論ありますが、それよりも自由度の高さに注目が集まり、徐々に増えてきました。また、より質素に、双方の両親や兄弟だけが出席する結婚式や、海外のリゾート地で衣装を着、写真に収めるだけのフォトウェディング、と言うのも存在します。時代と共に変遷を繰り返した結婚式ですが、今でも姿を変えつつ日本の文化として息づいています。

和にこだわりたいカップルは、鶴岡八幡宮で結婚式を挙げるのがおすすめです。神前式で厳かな雰囲気の式を挙げることができます。